Lost Illusion Ⅱ

野崎六助映画ブログ 15年遅れの映画日誌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ベン・ハー

ベンハー ウィリアム・ワイラー 『ベン・ハー』
 1960年
 60年代映画の記憶はほとんど映画パンフレットのなかに収められている。
 チッケトをためるようになったのは、東京にもどってからの80年代以降。昔はもっぱらパンフレットを買っていた。観たのは半数がた西部劇だ。これから並べていくのは、それ以外のもの。
 時期は60年代の前半、中学・高校時代に集中している。そのあとは資料を残しておく習慣が途切れた。記憶には濃淡がはなはだしく、何をいつどこで観たかもあらかた復元できない。よけいにこの時期が黄金時代に感じられたりするけれど、じっさいにはどうなのだろうか。

 映画は大型化するいっぽうの時代だった。横拡がりにパノラマ化するわけだ。シネマスコープから70ミリへと、ハリウッド映画は巨額の物量を投じる歴史劇大作路線が主流となる。上映時間も三時間をこえるので、途中かならず休憩がはいる。これが十年ほどつづいたのか。
 『ベン・ハー』を観たのは、新京極六角の松竹座だったと思う。母親と兄とがいっしょだったはずだ。
 一家の記憶はそれから急速に色褪せていくが、映画館の記憶も同じだ。松竹座だったのかどうか自信はない。裏寺町と新京極のあいだに大型館があって、今その名前をどうしても思い出せないのだけれど、あるいは、『ベン・ハー』はそこで観ているのかもしれない。こうしたことばかり重なり合っているのだ。

ベン・ハー 特別版 ベン・ハー 特別版
チャールトン・ヘストン (2004/02/28)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2006/08/11(金) 10:12:20|
  2. 60年代映画

プロフィール

6nozaki

Author:6nozaki




最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

 本館はここから

映画関係はここ       
ミステリ関係はここ  

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。