Lost Illusion Ⅱ

野崎六助映画ブログ 15年遅れの映画日誌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

音なしではいられない

death row  かつての「音なしではいられない」状態がもどってきている。調子が上向きというより、むしろこれが当たり前だから可もなし不可もなしといったところだろう。主にインターネットラジオ利用だが、快適な環境を探すのに手間がかかった。マシーンは買い替えだろうな。
 遅ればせながら、ドクタ・ドレー『クロニクル』を繰り返し。これはDEATH ROW のベスト・アルバムでもあり、さすがの重量感だ。付録で、ドレーとスヌープ・ドギー・ドッグのデュエット「Nothin' but a G Thang」のMTVが入っている。ドレーのソロはあまり印象に残らないけれど、このトラックはいい。スヌープと並んでもカリスマ性がある。あとは、ドレーとアイス・キューブによる「ナチュラル・ボーン・キラー」だな。
 それにしても『Wellcome to DEATH ROW』のDVDは最高だった。これが「もう一つの」アメリカだと。2PACの犬死にのような銃撃死についても、ようやくというか、得心がいった。ああなるしかなかったわけだ。八ヶ月のあいだに150曲つくったアベレージも、死の予感という説明ですべてぴったりくる。伝説は必要なのだが、生きていては伝説化しない。
 『トリプルX ネクストレベル』の、サミュエル・L・ジャクソンとアイス・キューブの掛け合いにある。「それはだれの名セリフだ」と訊くサミュエルにキューブは「トゥーパックさ」と答える(字幕は「ラッパーさ」だったが)。映画自体は、ヴィン・ディーゼルが降りてしまって、急遽主役を振られたキューブはその手の華のあるアクション・スターではないから、おかげで劇場公開もなしの低調さだった。ブラック版007シリーズにはならず。
 とにかく、いま何を聴くか、といったら、HIPHOPしかないみたいな……。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/02(土) 13:17:15|
  2. 日記

プロフィール

6nozaki

Author:6nozaki




最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

 本館はここから

映画関係はここ       
ミステリ関係はここ  

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。