Lost Illusion Ⅱ

野崎六助映画ブログ 15年遅れの映画日誌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

私は偶像破壊者だ

dar01
dar02
dar03
dar04


 パレスチナ・キャラバン連続プレ企画を見物してきた。正直なところ、何の表現発信なのか、よく確認しないで出かけたのだが。
 まさか、マフムード・ダルウィーシュ本人が現われるってことはないよな。やっぱり。
 ダルウィーシュ詩のアラビア語朗読を聴けたのは収穫だった。
 七〇年代の詩「パレスチナの恋人」はまだ空で覚えている部分もあるが、今回、朗読された長編詩『壁に描く』は最近のもの。青春の詩人は、死を見つめ、ことさら生硬な語句まで駆使する「成熟」を遂げていた。けれども豊饒な愛とナルシズムのダルウィーシュ世界は、幾重もの屈折を経ながらも堂々と健在だった。
  だがまず私が知っているのは
  私が青春の花であり 騎士の中の騎士だということだ

 詩の朗読をコラボレーション構成の形で聴くのは二度目だ。
 一人目は金時鐘〈キム・シジョン〉だった。
 当日、ゲスト・スピーカーになった足立正生の口から詩人の実像がおよそナマな言葉で聞けたことも収穫だった。「ものすごい女好きだよ」 さもあらん。
 そうでなければ、陽光まぶしい求愛のバラード君のハンカチと両足と肉体は パレスチナの乙女のものがそのまま祖国への渇望する愛に重なり、その詩句が山上の垂訓のように民衆にしみわたっていくことなどありえないではないか。

スポンサーサイト
  1. 2007/03/03(土) 12:03:42|
  2. 日記

プロフィール

6nozaki

Author:6nozaki




最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

 本館はここから

映画関係はここ       
ミステリ関係はここ  

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去ログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。